2018年3月22日に、オフィシャル・エアラインとしてデルタ航空と契約させて頂きました。

今後、日米間の移動をサポート頂くほか、日米路線の広告やプロモーション、キャンペーンなどに起用して頂く予定です。

 

デルタ航空ニュース本文はこちら

デルタ航空ホームページ

 

 

参考まで、デルタ航空での発表内容の概要は以下の通りです。

全文はこちらでご確認ください

 

成田-ポートランド便をはじめ、日本とアメリカを結ぶ路線網で日本のエースをサポート

大迫選手はオレゴンを拠点に活動しているため、日本とオレゴンを結ぶ路線(成田―ポートランド線)で唯一の直行便を運航しているデルタ航空の利点を最大限に活かし、大迫選手の来日時など日米間の移動をサポートするほか、日米路線の広告やプロモーション、キャンペーンなどに起用する予定です。

オフィシャル・エアライン契約のもと、大迫選手が日米間を移動する際には、デルタ航空のフライトを利用することになります。国際線最上位クラスとなるビジネスクラス「デルタ・ワン」に搭乗し、成田や主要空港にあるラウンジ「デルタ スカイクラブ」をご利用いただくことで、移動中も万全な体調管理ができるようサポートします。

大迫選手は、「成田-ポートランド路線での移動は長年デルタ航空を利用していたので、この度、サポート頂けることを
大変嬉しく思います。デルタ航空のように、世界の舞台で活躍できるよう日々精進して参ります。今後とも、応援の程宜しくお願い致します。」とコメントしています。

デルタ航空日本支社長の森本大(もりもと・まさる)氏は、次のように述べています。「デルタ航空では、米国をはじめ国際的で活躍する日本人アスリートを応援しています。オレゴンを拠点に日米の大会で急速に記録を伸ばしている大迫選手のオフィシャルエアラインになることにより、成田-ポートランド路線をはじめ、日米をつなぐデルタ航空の路線網の利便性と充実の機内サービスを、より多くのお客様にお伝えしたいと思います。」

 

デルタ航空の日米路線について

デルタ航空は成田からポートランド、シアトル、アトランタ、デトロイトへ、羽田からロサンゼルスとミネアポリスへ、また、中部セントレアからデトロイトへ向けて米国本土行き直行便を運航しています。成田-デトロイト路線には最新鋭機A350型機を使用し、個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン・スイート」およびプレミアムエコノミークラス「デルタ・プレミアムセレクト」を導入しています。その他のアメリカ本土行き路線の「デルタ・ワン」は、完全に水平になるフルフラットベッドシートで、全席が通路に直接出られる1-2-1の座席配列です。和洋選べるコース料理、一流のワインとリキュール類、ウェスティンホテル開発のヘブンリー寝具、TUMIのアメニティキットと共に快適にお過ごしいただけます。エコノミークラス「メインキャビン」では、日本語メニュー、スリープキットと機内用スリッパをご用意し、お食事とスターバックスコーヒー、ソフトドリンク類、ビール、ワイン、スパークリングワイン、日本酒などが全て無料です。足もとが約10センチ広く、リクライニング角度が1.5倍になる「デルタ・コンフォートプラス」では、メインキャビンのサービスに加え、優先搭乗のサービスや、専用の頭上の荷物棚が利用いただけるほか、歯磨きセット入りのアメニティキットを提供します。最新のオンデマンド型機内エンターテインメントシステム「デルタ・スタジオ」は、全席個人用モニターで充実のラインナップを無料でお楽しみいただけます。詳しくはデルタ航空ウェブサイトdelta.comをご覧ください。

 

— ad —

——–